緩和継続の「口約束」、市場に早くも懐疑論

日銀ウオッチ
2019/5/9 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀は大型連休直前の4月25日の金融政策決定会合で政策を微調整した。「当分の間」としていた超低金利の継続期間を「少なくとも2020年春ごろまで」と明確にした政策金利の先行き指針(フォワードガイダンス)の変更だ。予想外に近い動きだったといえるが、市場では「日銀は段階的に約束期間を延ばすつもりではないか」との見方が早くも出ている。

「想定外の修正」(SMBC日興証券)、「予想より早い見直し」(大和証…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]