2019年6月26日(水)

ソフトバンクCTO、空飛ぶ基地局にかける思い
ITジャーナリスト 石川 温

モバイルの達人
ネット・IT
コラム(テクノロジー)
モバイル・5G
2019/5/10 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトバンクは成層圏に無人航空機を飛ばし、広範囲にモバイル通信ネットワークを実現する「HAPS(High Altitude Platform Station)」事業を2023年に海外、25年に日本で開始する。成層圏を飛行する無人航空機は、太陽光発電で稼働する。高度20キロメートルで飛行を続け、1機で直径200キロの範囲をカバーできるので、40機で日本全体を覆うことができる。通信に利用するのは既存…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報