2019年9月19日(木)
速報 > 人事 > 記事

千代田化工、三菱商事から新CEO 経営立て直し

2019/5/8 11:56
保存
共有
印刷
その他

千代田化工建設は会長兼最高経営責任者(CEO)に三菱商事の前機械グループCEOの大河一司氏(62)が就く方針を固めた。社長兼CEOの山東理二氏(61)は社長兼最高執行責任者(COO)になる。2019年3月期に米国事業に絡み巨額の損失を計上するため、大株主の三菱商事から財務と人材の両面で支援を受けて、経営立て直しを急ぐ。

6月に開く株主総会を経て正式に決める見通し。長坂勝雄会長(65)は退任する。三菱商事出身者として17年に初めて社長に就いた山東氏は社長にとどまるが、CEO職は大河氏に譲り、自身はCOOとして再建計画の遂行にあたる。

千代田化工は19年3月期に米国事業などの工事遅延で最終損益が2150億円の赤字となり、債務超過に陥る見通し。このため三菱商事と三菱UFJ銀行が投融資で支援する方針。新たに会長兼CEOに就く大河氏は3月末まで三菱商事で機械グループCEOを務めてきた。世界規模での事業展開を指揮してきた実績やプラント業務にも精通している点が、評価された。千代田化工のリスク管理体制に課題があり、大河氏のもとでガバナンスを強化する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。