日経平均続落、下げ幅一時350円超す

2019/5/8 9:05 (2019/5/8 9:31更新)
保存
共有
印刷
その他

8日の東京市場で日経平均株価が続落して始まった。寄り付きは前日比295円(1.3%)安の2万1628円04銭。米国が中国製品への関税を引き上げるとの見方から世界の投資家がリスク回避姿勢を強めている。

7日の米株市場で米ダウ工業株30種平均が前日比473ドル安となった流れを引き継いだ。米国が10日に対中関税を引き上げれば、中国をはじめ世界経済への悪影響は避けられないため、株式持ち高を解消する動きが出ている。8日午前の取引で日経平均は一時357円安となった。

370円超下げ、一時2万1500円台で取引される日経平均株価(8日午前、東京都中央区)

370円超下げ、一時2万1500円台で取引される日経平均株価(8日午前、東京都中央区)

外国為替市場で円相場が一ドル=110円台前半と前日に比べて円高が進んでいることも嫌気されている。海外勢から景気敏感株に売りが出ており、コマツが4%安、クボタが3%安で推移している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]