2019年6月16日(日)

苦境のアシアナ航空、9月からファーストクラス廃止

サービス・食品
朝鮮半島
アジアBiz
2019/5/7 22:32
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】韓国航空2位のアシアナ航空は7日、国際線のファーストクラスの運用を9月から中断すると発表した。ファーストクラスの座席自体は現状のまま残し、ビジネスクラスの一部として運用する。担当の乗務員の搭乗も減らしコスト削減を進める。

アシアナ航空は現在、エアバス社の機体「A380」を使い1便あたり12座席のファーストクラスを提供している

アシアナ航空は現在、米ニューヨーク、米ロサンゼルス、独フランクフルトの3路線を対象にファーストクラスのある旅客便を毎週合計21便運航している。座席は1便当たり12席あり、9月1日からはこの座席を「ビジネススイート」として活用する。

乗客は通常のビジネスクラスより広い座席や、空港の専用ラウンジを使いながら、機内食などはビジネスクラスと同じサービスを受ける。ビジネススイートの料金は「ファーストクラスより3~4割安くなる」(アシアナ航空)見込み。

アシアナ航空は、韓国中堅財閥の錦湖(クムホ)アシアナグループの傘下にある。しかし同グループの財務状況の悪化などに伴い、売却されることが決まっている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報