/

苦境のアシアナ航空、9月からファーストクラス廃止

【ソウル=山田健一】韓国航空2位のアシアナ航空は7日、国際線のファーストクラスの運用を9月から中断すると発表した。ファーストクラスの座席自体は現状のまま残し、ビジネスクラスの一部として運用する。担当の乗務員の搭乗も減らしコスト削減を進める。

アシアナ航空は現在、米ニューヨーク、米ロサンゼルス、独フランクフルトの3路線を対象にファーストクラスのある旅客便を毎週合計21便運航している。座席は1便当たり12席あり、9月1日からはこの座席を「ビジネススイート」として活用する。

乗客は通常のビジネスクラスより広い座席や、空港の専用ラウンジを使いながら、機内食などはビジネスクラスと同じサービスを受ける。ビジネススイートの料金は「ファーストクラスより3~4割安くなる」(アシアナ航空)見込み。

アシアナ航空は、韓国中堅財閥の錦湖(クムホ)アシアナグループの傘下にある。しかし同グループの財務状況の悪化などに伴い、売却されることが決まっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン