銀行、正常先にも引当金 「将来のリスク」に備え

2019/5/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金融庁は銀行に対し、融資先の将来の経営リスクに応じた引当金の計上を認める方針だ。これまでは損益など過去の実績に基づいて判断するしかなかった。引き当てをした企業への追加融資もしやすくする。今は正常な融資先でも人口減などで経営が悪化する恐れはある。地方銀行などが余裕のあるうちに備えつつ、成長に向けた資金供給を両立できるようにする。

金融庁は2019年度中にも銀行の経営を監督するための「金融検査マニュ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]