WTO判断、10カ国以上が日本支持

2019/5/7 21:00
保存
共有
印刷
その他

韓国による福島県産水産物などの輸入禁止措置を認めた世界貿易機関(WTO)の最終審判断を「極めて遺憾」とした日本の立場を10カ国以上が支持していたことがわかった。外務省関係者が7日、明らかにした。判断を正式に採択した4月26日の紛争解決機関の会合で、米国やカナダ、サウジアラビアなどのほか欧州連合(EU)が日本の立場を支持した。

米国はWTOの最終審である上級委員会が韓国の措置を「不当な差別」とした一審の判断を取り消したことに遺憾の意を示した。そのうえで「(福島県産水産物を)安全でないと結論づけるのは不適切だ」と訴えた。安倍晋三首相は4月26日の日米首脳会談でトランプ大統領に謝意を伝えた。

外務省関係者によると、WTOの紛争解決機関の会合での各国の発言は原則非公表だが、一部の国が公表を認めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]