/

この記事は会員限定です

半導体で苦しむサムスン 新規のAI家電開発も力不足

[有料会員限定]

半導体やスマートフォン(スマホ)など主力事業の業績低迷が続くサムスン電子がもがいている。2年前から新規事業を立ち上げ、次世代の稼ぎ頭を育てようと人工知能(AI)を使ってロボットや家電分野で新たな試みが続くが、いまだに不発。焦りも見える。とはいえ、ほかに新規の有力事業が少ないなか、引くには引けない状況だ。

米国のとある都市に構えられた研究開発用のサムスンの施設――。今ここで同社がひそかに進める新規事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1103文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン