/

PLANT、10~3月期は36億円の最終赤字 出店計画も白紙に

PLANTが7日発表した2018年10月~19年3月の単独決算は36億円の最終赤字(前年同期は23億円の黒字)だった。18年11月に開店した伊賀店(三重県伊賀市)など、売り上げ不振の3店舗の固定資産について計31億円の減損損失を計上した。

17年9月期から5年間の中期経営計画で新たに8店舗出すとしていたが、今秋の開店を予定している6店舗目の黒部店(富山県黒部市)より先の出店計画を白紙にすることも明らかにした。

営業利益は前年同期比75%減の1億5千万円。伊賀店や19年2月に開店した高島店(滋賀県高島市)の売り上げが想定より伸びず、出店経費の増加を補えなかった。売上高はほぼ横ばいの433億円だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン