口座売買、資金洗浄の温床に 銀行は対応急ぐ

2019/5/8 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

犯罪集団によるマネーロンダリング(資金洗浄)を防ぐため、大手銀が外国人による口座開設の審査を厳しくしている。留学生らが帰国する際に売る日本の銀行口座が、特殊詐欺で得た資金の受け皿に使われる事例が相次いでいるためだ。出入国管理法改正で外国人労働者が増えれば、口座売買が広がるリスクも高まる。金融庁は金融機関に対策の徹底を求めている。

外国人が使わなくなった口座を不正に取得しているのは、主に高齢者を狙…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]