/

愛知県知事、12日から中国訪問 新都市視察など

愛知県の大村秀章知事は12日から6日間、中国を訪問する。国家主導で開発が進む北京郊外の新都市「雄安新区」を視察するほか、大学、航空会社などを訪問。今後の経済連携策を検討するほか、中国からの航空便誘致などを目指す。

雄安新区は中国のIT(情報技術)関連の企業や研究機関が集積し、自動運転技術などの研究が進んでいる。大村知事は7日の記者会見で「世界最先端の実証実験を視察し、地域活性化策を幅広く検討する」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン