/

この記事は会員限定です

トランプ氏が影響か 日朝首脳会談「条件なし」 首相が方針転換

[有料会員限定]

安倍晋三首相は6日、条件なしで北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長と会談する意向を示した。これまでは日本人拉致問題などの進展を会談の前提としており、金委員長に対話を呼びかけるメッセージをより鮮明にした。方針転換の背景にはトランプ米大統領の影響があったとみられる。

今年2月の2回目の米朝首脳会談が不調に終わり、日本の価値は高まった。首相はトランプ氏と蜜月関係を築いているからだ。首相の発言からは北...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り830文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン