/

この記事は会員限定です

「中高生」と「大人」ドイツ、2つのデモの対照的な熱量

(グローバルViews)

フランクフルト支局 深尾幸生

[有料会員限定]

2018年から19年にかけて欧州に広がった2つのデモが、ドイツで対照的な展開を見せている。ひとつはフランスの「黄色いベスト」運動から派生した「カラフルベスト」運動。もう一つはスウェーデンの高校生が始めた「フライデーズ・フォー・フューチャー(未来のための金曜日)」だ。労働者などによる前者は支持を得られず失速した一方、中高生が主導する後者は勢いを増している。

「今だ!」

「What do you wa...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1885文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン