研究か就活か 悩める理系学生の現実
就活探偵団

就活
2019/5/8 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

売り手市場において、ひときわ引く手あまたな理系学生。人工知能(AI)など先端技術の広がりと共に、引き合いは年々強まっている。ただ文系学生に比べると就活の活動量が少なく、インターンシップの機会も限られる。すんなり内定を得ながら「これでよかったのか」と自問するケースもあるようだ。そんな理系就活の実態に迫った。

「どっちもいい会社だから選べないんですよね」。都内の大学院2年生で建築を専攻する阪田光輝さ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]