/

この記事は会員限定です

研究か就活か 悩める理系学生の現実

就活探偵団

[有料会員限定]

売り手市場において、ひときわ引く手あまたな理系学生。人工知能(AI)など先端技術の広がりと共に、引き合いは年々強まっている。ただ文系学生に比べると就活の活動量が少なく、インターンシップの機会も限られる。すんなり内定を得ながら「これでよかったのか」と自問するケースもあるようだ。そんな理系就活の実態に迫った。

「どっちもいい会社だから選べないんですよね」。都内の大学院2年生で建築を専攻する阪田光輝さん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2186文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

就活

新型コロナウイルス感染拡大がやまない中でも就職活動に励む学生、採用する側の企業は、ともにオンラインと対面を駆使しより良い出会いを求めます。就活に役立つニュースや、様々な疑問に答える『就活探偵団』などの読み物を掲載します。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン