/

メーガン英妃、男児出産 ヘンリー王子に第1子

【ロンドン=共同】英王室は6日、エリザベス女王の孫ヘンリー王子(34)の妻メーガン妃(37)が第1子となる男児を同日早朝に出産したと発表した。英メディアによると、王位継承順位はヘンリー王子に次いで7位。女王にとって8人目のひ孫となった。

 ヘンリー王子とメーガン妃=2月24日、モロッコ(ロイター=共同)

王子もメディアの前で出産を報告し「とても興奮している。最も素晴らしい経験だ」と述べ、母子ともに健康だと明らかにした。命名については「まだ考えている」と語った。王室によると、体重は約3260グラム。出産には王子も立ち会った。

王子夫妻は2018年5月、ロンドン郊外ウィンザー城で結婚。同年10月、妊娠を発表した。英王室は今年4月、王子夫妻が「私的な」出産を望んでいるとしていた。

ヘンリー王子夫妻は婚約以降、王子の兄ウィリアム王子一家も住むケンジントン宮殿敷地内の邸宅で暮らしていたが、今年4月、ウィンザー城近くの王室の邸宅フログモア・コテージに転居した。

メーガン妃は米ロサンゼルス生まれで、父は白人、母はアフリカ系。米大学で演劇を学んだ後、女優やモデルとして活動した。離婚歴がある。16年7月にヘンリー王子と知り合い交際を始め、17年11月に婚約した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン