/

ブラジル大手銀、米地銀を買収 富裕層ビジネス拡大

【サンパウロ=外山尚之】ブラジルの民間金融機関大手ブラデスコ銀行は6日、アメリカ・フロリダ州の地銀、BACフロリダ銀行を買収することで同社と合意したと発表した。買収総額は5億ドル(約550億円)程度。ブラジルの金融業界ではフィンテック企業の急成長で競争が激化している。中南米出身の富裕層が数多く居住するフロリダを拠点に富裕層向けのビジネスを拡大することで、新興企業との差異化を狙う。

BACフロリダ銀は富裕層向けのプライベートバンキング(PB)事業や不動産向けの融資に強みを持つ。ブラデスコ銀のオクタビオ・デ・ラザリ最高経営責任者(CEO)は声明で「BACフロリダ銀を通じて商品やサービスを拡大することで、富裕層向けのサービスを提供する銀行として顧客に好まれるようになる」と述べた。

ブラデスコ銀が富裕層向けのビジネスを拡大する背景には、フィンテック企業の勃興がある。ブラジルでは現在、オンラインに特化した銀行業務を行うヌーバンクのようなフィンテック企業が続々と誕生し、融資や送金分野で台頭。既存のビジネスを侵食されつつある大手銀行は危機感を強めている。

ブラデスコ銀には三菱UFJ銀行が出資している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません