/

韓国情報機関「挑発的とみなさず」 北朝鮮の飛翔体発射

【ソウル=山田健一】韓国の情報機関、国家情報院は6日、北朝鮮が4日に発射した短距離飛翔(ひしょう)体について「過去のような挑発的なものには見えない」と国会情報委員長に報告した。聯合ニュースが伝えた。国家情報院は、飛翔体の発射は「(米韓両国などを)圧迫する性格があるが、北朝鮮に非核化交渉のテーブルをひっくり返す意図はない」と説明した。

4日、北朝鮮の金正恩委員長が指導した火力打撃訓練の様子=朝鮮中央通信・共同

飛翔体の一部が、国連安全保障理事会の決議に違反する弾道ミサイルではないかとの見方が出ていることに対しては「外見上は地対地(兵器)に見えるが、分析中だ」とするにとどめ、詳しい解説はなかったという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン