/

中国、閣僚協議の取り消し検討 米紙報道

(更新)

【北京=原田逸策】米紙ウオール・ストリート・ジャーナル(電子版)は6日、8日からワシントンで予定する閣僚級の米中貿易協議を中国が取り消す検討をしていると報じた。報道によると、中国政府はまだ取り消しを決めていないが、関係者が「中国は頭に銃を突きつけられて交渉はしない」と語ったという。トランプ米大統領は中国製品2千億ドル(約22兆円)分にかける追加関税を10%から25%に引き上げる方針を表明した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン