/

ロシア外相、米国を非難 ベネズエラ外相と会談

【モスクワ=小川知世】ロシアのラブロフ外相は5日、モスクワで政情混乱が続く南米ベネズエラのアレアサ外相と会談し、同国情勢の安定に向けた連携を確認した。ラブロフ氏はベネズエラのマドゥロ政権の支持を改めて表明、米国が同政権の転覆を試みていると非難した。6日にフィンランドで予定するポンペオ米国務長官との会談でベネズエラ情勢を協議する方針も明らかにした。

ベネズエラでは野党指導者のグアイド国会議長の呼びかけで大規模な反政府デモが起き、政権を支持する軍などとの衝突で死傷者が出るなど政情が不安定化している。米国は強権的なマドゥロ政権を支援するロシアによる内政干渉が混乱を助長していると非難し、米ロの応酬が続いている。

ラブロフ氏は会談で「ロシアは他国の内政に干渉することはない」と主張。グアイド氏を支持する米国に「無責任な計画を放棄し、国際ルールにのっとった行動」を訴えた。アレアサ氏も会談後の記者会見で、米国がグアイド氏に影響を及ぼしクーデターを試みたと批判した。ラブロフ氏に6日のポンペオ氏との会談で対話による解決を米側に促すように求めた。

マドゥロ政権はロシアを後ろ盾に反政権運動の沈静化を図る。ロシアにはベネズエラ情勢などの協議を糸口に関係が膠着する米国との対話を探る狙いもあるとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン