/

モスクワの空港で旅客機炎上、41人死亡

(更新)

【モスクワ=小川知世】ロシアの首都モスクワのシェレメチェボ空港で5日、モスクワから北西部ムルマンスクへ出発した旅客機が緊急着陸し、炎上した。捜査当局の発表によると、乗客乗員78人のうち、41人が死亡した。プーチン大統領は同日、原因の徹底究明を指示した。当局は刑事事件として捜査を始めた。

旅客機はロシアのアエロフロート航空が運航する「スホーイ・スーパージェット100」。5日夕方の離陸直後にトラブルが発生し、シェレメチェボ空港に引き返した。緊急着陸時に機体後部の燃料に引火したとみられる。搭乗者に日本人がいるとの情報はない。

ロシア国営テレビは旅客機が機体の後部を炎上させながら着陸し、乗客が前方のドアから脱出する映像を流した。インタファクス通信によると、旅客機が落雷を受けて通信機器に障害が生じたとの情報や、緊急着陸時に燃料が減っていなかったために引火につながったとの指摘がある。

シェレメチェボ空港はモスクワ中心部から北西に約30キロ。ロシア最大級の空港で、成田とモスクワを結ぶアエロフロート便など多数の国際・国内線が乗り入れている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン