/

この記事は会員限定です

アフリカでコメ生産倍増計画 政府、支援表明へ

[有料会員限定]

政府は8月に横浜で開くアフリカ開発会議(TICAD)で、2030年にアフリカ地域のコメ生産量を倍増する計画を表明する。現状の2倍の年5600万トンに増やすため、気候に適した稲の普及や農作業の機械化を支援する。将来、世界の人口が増え食糧が不足すれば影響は日本にも及ぶ。アフリカの自給率を引き上げ、世界的な食糧の需給逼迫を食い止める。

アフリカは人口増加や経済発展に農業生産量が追い付いていない。農林水産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り891文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン