/

この記事は会員限定です

日本郵政や東電系、ドローンファンドに出資 配送活用

[有料会員限定]

日本郵政系や東京電力ホールディングス系のベンチャーキャピタル(VC)などがドローン(小型無人機)関連のスタートアップ企業に投資する「ドローンファンド」に出資した。各社は荷物の配送など新事業を創造するため、スタートアップとの連携を進める構えだ。人手不足が深刻な配送などの現場でドローンの活用が広がるきっかけにもなりそうだ。

2018年8月に設立した2号ファンドに、日本郵政キャピタル(東京・千代田)や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り475文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン