/

この記事は会員限定です

[社説]海と水産資源は誰のものか

[有料会員限定]

昨年末に国会で成立した漁業改革の関連法は水産資源の保護を徹底し、持続的な利用をめざしている。そのためには、天然の水産資源は「だれの所有物でもない」とする従来の考えを改め、国民共有の財産と認識すべきだ。

日本が加盟する国連海洋法条約は、海とその資源を人類共有の財産と位置づける。米国、欧州連合(EU)をはじめ海外の国・地域では海洋法を踏まえ、海や水産資源を国や国民の共有財産と法律などで定めるところが多...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り567文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン