[社説]脱炭素社会の実現へ問題を先送りするな

2019/5/4 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

エネルギー問題は安全性や環境への対応、経済性、安定供給など様々な要素を考える必要がある。どれも欠くわけにいかないが、すべてを同時に達成することも難しい。だからといって、問題の先送りは事態を悪化させるだけだ。長期を見据えた対策に、すみやかに着手しなければならない。

経団連が電力問題について提言をまとめた。国民生活や事業活動の基盤である電力を取り巻く状況が危機にあるとして、国を挙げて解決に取り組む必…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]