子ども、38年連続減 14歳以下1533万人

2019/5/4 17:00
保存
共有
印刷
その他

総務省は4日、「こどもの日」を前に4月1日時点の子どもの人数を推計した。外国人を含めた14歳以下の人口は1533万人と前年より18万人減り、比較可能な1950年以降、過去最少を更新した。減少は38年連続。総人口に占める割合も同0.2ポイント低い12.1%で、45年連続で低下した。

子どもの人数は89年(平成元年)の2320万人から787万人、3割超減った。ピークだった54年の2989万人と比べるとほぼ半減している。出生児数の減少による少子化の流れが続いている。

都道府県別(2018年10月1日時点)では、東京都が8千人増加、沖縄県が横ばいで、そのほかの45道府県では減少した。子どもの割合が最も大きかったのは沖縄県の17.0%で、最小は秋田県の10.0%だった。

男女別では男子が785万人、女子が748万人と、それぞれ9万人減となった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]