/

この記事は会員限定です

トランプ氏元側近バノン氏「中国で大衆迎合運動を」

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】トランプ米大統領の元側近で「思想的な支柱」といわれたスティーブン・バノン氏の動きが活発になってきた。欧州で右派ポピュリズム(大衆迎合主義)支援団体を設立した。米国では中国共産党の脅威を訴える運動を始めた。ニューヨーク市内の個人事務所で4月下旬、日本経済新聞の取材に応じ「中国でもポピュリズム運動の機が熟した」などと語った。

「ポピュリズム運動によって低所得の一般庶民は力を取り戻した。(大企業の経営者や投資家などグローバリストが集う)『ダボス会議』の連中が独り占めしていたから、声なき民の賃金が増えなかった」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1958文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン