/

米バークシャー、アマゾン株に投資 バフェット氏明かす

(更新)

【オマハ(ネブラスカ州)=宮本岳則】米著名投資家ウォーレン・バフェット氏は2日、米テレビ局CNBCのインタビューに応じ、自身が率いる米複合会社バークシャー・ハザウェイが米電子商取引(EC)大手アマゾン・ドット・コム株を初めて取得したことを明らかにした。長年ハイテク株から距離を置いてきたバークシャーだったが、18年のアップル株大量取得に続き、投資姿勢の転換が鮮明になった。

バフェット氏はインタビューの中で、米アマゾンについて「ずっとファンだった。(株を)買わなかったのは愚かだった」と述べた。ジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)の指導力も高く評価しているという。株購入のタイミングや投資額については不明。詳細は5月末にバークシャーが米証券取引委員会(SEC)に提出する株式保有に関する四半期報告で明らかになりそうだ。

バフェット氏は「事業内容が理解できないものには投資しない」方針を貫き、長らくIT(情報技術)などハイテク関連への投資に後ろ向きだった。こうした姿勢が00年のITバブル崩壊から運用資産を守り、同氏の名声を高めた。ところが近年は「FAANG」などと呼ばれる大型ハイテク株主導の株高に乗り切れず、バークシャー株の運用収益は市場平均並みにとどまっていた。

バフェット氏の姿勢に大きな変化があったのは、18年のアップル株大量取得だ。昨年5月の株主総会前に7500万株を追加で購入し、持ち株比率5%の大株主に浮上した。バフェット氏は「100%保有したい」と語るなど、いまやお気に入り銘柄の一つになっている。主力スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」で顧客を囲い込み、音楽や決済で稼ぐビジネスモデルを評価する。

バフェット氏はCNBCのインタビューで「当社で資金を運用する同僚の一人」がアマゾン株を買ったと説明した。88歳と高齢のバフェット氏は、すでに一部資産の運用を投資マネジャーのトッド・コームズ氏とテッド・ウェシュラー氏に任せている。「バフェット後」を見据えた運用体制の変化が、バークシャーの投資戦略にも影響を及ぼし始めている。

アマゾン株は年初から2日の取引終了までに3割上昇した。3日の取引でも前日比3%超高で取引を終了した。バークシャーは4日にネブラスカ州オマハで年次株主総会を開く予定で、バフェット氏の発言に注目が集まっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン