2019年6月21日(金)

改憲、与野党に慎重論 首相は20年目標を堅持

憲法改正
経済
政治
2019/5/3 20:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相(自民党総裁)は3日、2020年に新憲法を施行する目標を堅持すると表明し、自らの手で憲法改正を実現する意欲を示した。自民党改憲案には連立を組む公明党が慎重なほか、立憲民主党などが衆参両院の憲法審査会で改憲案の議論に応じていない。

自民党改憲案は(1)憲法9条への自衛隊明記(2)緊急事態条項(3)参院選の「合区」解消(4)教育充実――の4項目で構成する。日本維新の会の足立康史国会議員団…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報