/

鎌倉時代に創建の寺全焼 三重、重要文化財は無事

3日午前10時20分ごろ、三重県名張市箕曲中村の「福成就寺」から「火が出ている」と近所の女性から119番があった。約3時間後に鎮火し、本堂と庫裏の約350平方メートルがほぼ全焼した。けが人はなかった。

同県観光連盟によると、寺は鎌倉時代に創建したとされる。本堂には国指定の重要文化財で仏像などを安置する「黒漆厨子」が納められていたが、寺の住職の妻(75)が持ち出して無事だった。

名張署によると、出火当時、敷地内には妻以外に人はいなかった。庫裏が火元とみられ、同署と地元消防が原因を調べている。

現場は近鉄名張駅から南に約1.4キロで、周辺は住宅や田畑がある。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません