2019年6月19日(水)

ダイキン、フッ素化学に1000億円投資 5G半導体向け
中国に第2工場

自動車・機械
環境エネ・素材
関西
2019/5/3 16:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ダイキン工業は2022年度までに、半導体向けフッ素化学品の増産に1000億円を投資する。半導体製造装置の部材に使うフッ素樹脂の生産能力を倍増する。強い酸性やアルカリ性の薬品を使うため、半導体製造装置の部材には耐久性が求められる。次世代通信規格「5G」などで半導体とともにフッ素樹脂への需要が拡大するとみて大型投資に踏み切る。

中国では500億円を投じ、江蘇省常熟市の既存工場近くに第2工場を建てる。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

昨夏の猛暑で家庭用エアコンの販売が好調(ダイキン工業の滋賀製作所)

ダイキンの前期、6年連続で営業最高益[有料会員限定]

2019/4/26 2:00

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報