10連休後半、各地で長い渋滞 午後にUターン始まる

2019/5/3 15:32 (2019/5/3 21:20更新)
保存
共有
印刷
その他

皇位継承に伴う10連休の後半に入った3日、各地の高速道路や鉄道でUターンラッシュが始まった。

日本道路交通情報センターによると、夕方以降に各地の上り線を中心に渋滞が発生した。午後7時時点で、いずれも上り線で関越道の高坂サービスエリア付近を先頭に約38キロ、中央道の小仏トンネルを先頭に約31キロ、常磐道で千代田パーキングエリアを先頭に約24キロとなった。

一方、この日は午前中、行楽地に向かう人々らによって下り線が混み合い、中央道の藤野パーキングエリアを先頭に午前8時40分ごろに約43キロ、東名道の伊勢原ジャンクションを先頭に午前9時40分ごろに約37キロとなった。

高速道路各社は連休中の混雑のピークは下り線が3日、上り線が4~5日と予測している。

JR東海によると、3日午後は東海道新幹線の上りは、指定席がほぼ満席。自由席も午後1時32分に名古屋発車ののぞみが110%の乗車率となった。JR東日本によると東北・山形新幹線の一部で自由席乗車率が100%を超えた。JR東海はUターンのピークは5日、JR東日本では6日と予想している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]