フルスイングの余韻(山崎武司)

フォローする

1軍への多くの壁 プロ仕様の心技体で乗り越えろ

2019/5/5 6:30
保存
共有
印刷
その他

プロ野球開幕から1カ月あまり、注目のルーキーたちがプロの壁にはね返されている。開幕1軍入りを果たした藤原恭大(ロッテ)は結果を出せず2軍落ち。4球団が競合した根尾昂(中日)はケガもあり、本領発揮にはしばらく時間がかかりそうだ。

野手が一本立ちするまでには、いくつもの壁がある。最初の一歩はプロのスピードとパワーに負けない体をつくることだ。高卒の藤原や根尾はまだ線が細く、プロ仕様の体になっていない。…

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

フルスイングの余韻(山崎武司)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

フルスイングの余韻(山崎武司) 一覧

フォローする
ルートインBCリーグ埼玉に加入した田沢。ドラフト制度を改めて議論してほしい=共同共同

 海外への人材流出を阻止するためにプロ野球界が設けていた「田沢ルール」の撤廃が決まった。これを受けて10月26日のドラフト会議では今年から日本の独立リーグでプレーしている田沢純一も指名対象となる。職業 …続き (9/20)

マスク姿で紅白戦を見守るソフトバンク首脳陣。ウイルスを警戒しながらのシーズンは例年になくストレスがたまりそうだ=共同共同


 プロ野球の開幕が6月19日に決まった。新型コロナウイルスの流行が収束に向かい、ようやくここまでこぎ着けた。でも大変なのはここから。第2波、第3波を警戒しながらの前途多難なシーズンとなる。
■過密日程、 …続き (5/27)

プロ野球選手のオフの過ごし方は?(契約更改を終えたヤクルト・山田哲人)=共同共同

 ストーブリーグや契約更改も一巡し、球界はオフのまっただ中だ。この時期、プロ野球選手はどのように過ごしているのか。最近は多くの選手が結構練習している。

 12月から翌年1月、選手はチームの管轄外にあるが …続き (2019/12/31)

ハイライト・スポーツ

[PR]