/

トランプ氏、鴻海の郭董事長と面会 対米投資アピール

【ワシントン=鳳山太成】米ホワイトハウスは2日、トランプ大統領が1日に鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘(テリー・ゴウ)董事長と面会したと発表した。鴻海が中西部ウィスコンシン州で建てるパネル工場の遅れが指摘されているが、ホワイトハウスは「(同社が)追加投資を近く発表する」と明かし、対米投資の順調ぶりをアピールした。

郭氏は台湾の次期総統選への出馬を表明している。ホワイトハウスは声明で「総統選での支持は議論していない。郭氏はただの素晴らしい友人の一人だ」と強調し、対中関係に大きな影響を及ぼす総統選への介入を否定した。台湾メディアによると、郭氏は総統選に向けてトランプ氏から励ましの言葉を受けたという。

雇用創出を重視するトランプ氏はこれまで郭氏を称賛し、ホワイトハウスで一緒に記者会見を開いたり、起工式に参加したりしてきた。だが100億ドル(約1兆1千億円)を投じて1万人超を雇う計画が遅れているとして、同州のエバーズ知事が補助を見直す構えをみせている。米メディアによると郭氏は2日、知事とも会談した。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン