2019年6月17日(月)

5G特許出願、中国が最大 世界シェア3分の1 (ASIA TECH)
自動運転など主導権狙う

ネット・IT
アジアBiz
2019/5/3 2:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

次世代通信規格「5G」に関する特許出願数で中国が34%と、現行の4Gの1.5倍以上のシェアを握ることがわかった。4Gでは欧米が製品の製造に欠かせない標準必須特許(SEP)を握ったが、次世代産業のインフラとして注目される5Gでは中国が存在感を増す。特許数は自動運転など各国の新産業の育成や次世代の国力をも左右する。

【関連記事】5G「中国1強」は早計(FT)

SEPは事業を進める上で代替の効かない技術…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報