中国の新株式市場「科創板」、国策色と「乱造」懸念

2019/5/2 18:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【上海=張勇祥】中国の新しい株式市場「科創板」の創設準備が大詰めを迎えている。米中貿易戦争の焦点である半導体関連が先行し、10社超が上場申請を済ませた。夏にも第1号銘柄が株式を公開する見通しだ。米国での上場が難しくなるとみて国内で資金調達の場を設けた格好で、国策色が強くにじむ。当局は株価の乱高下を警戒するが、市場では上場企業の乱造につながるとの懸念もある。

「上場で調達した資金を生かし、研究開発…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]