成田行きアリタリア機で3人軽傷 客室乗務員、乱気流か

2019/5/2 12:35 (2019/5/2 14:25更新)
保存
共有
印刷
その他

2日午前10時ごろ、ローマ発成田行きのアリタリア航空784便ボーイング777が飛行中に大きく揺れ、客室乗務員3人が頭を打つなどの軽傷を負った。乗客乗員は256人。国土交通省は乱気流に巻き込まれた可能性があるとみて、詳しい状況を調べている。

機体は約20分後に成田空港に着陸。揺れた際は既に着陸体勢に入っており、乗客はシートベルトをしていた。消防などによると、3人のうち、カートに頭をぶつけたとみられる1人が病院に搬送された。

当時、成田空港周辺には雷注意報が出ていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]