/

この記事は会員限定です

天皇陛下、伝統と「象徴」の重責

[有料会員限定]

天皇陛下は1日、皇居・宮殿で「剣璽等承継の儀」と「即位後朝見の儀」の2つの国事行為に臨まれた。歴代天皇に皇位とともに伝わる神器などを継承し、即位後初めてのお言葉で「象徴としての責務を果たす」と誓われた。今後、皇室の伝統と象徴天皇としての重責を皇后さまとともに担われることになる。

即位後朝見の儀は新天皇が即位後初めて国民の代表と会い、国民に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り766文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン