/

この記事は会員限定です

古川元官房副長官 皇位の安定継承「現実直視、検討進めよ」

[有料会員限定]

――皇位の安定継承の問題はどのぐらい重要な課題だと考えますか。

「上皇さまの天皇ご在位30年や退位を巡る受け止めなどをみると、日本国民がいかに天皇を敬愛し、心を寄せているか改めて感じ入った」

「象徴天皇制は日本と日本国民にとってかけがえのない大事な制度だ。世界の宝と言っても過言ではない。皇室典範は男系男子のみが皇位を継承すると定めるが、男系男子は少なくなり原則を保つことは危うくなっている。安定継承...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1855文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン