政治学者・御厨貴氏 新たな象徴像「公務の負担、見直そう」

2019/5/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

――上皇さまが天皇退位のご意向をにじませるお言葉を出された際、天皇の政治関与を禁じた憲法に触れるのではないかとの懸念がありました。

「天皇自身が辞める、辞めないというのは最大の政治事項だ。憲法上の疑義がありながらあっという間に国民の8~9割が賛成した事実がある」

「お言葉で自分も高齢化したと明らかにされた。みんなにとってショックだった。宮中祭祀(さいし)や国事行為にほとんど言及せず、強調されたの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]