2019年7月18日(木)

書斎のゴルフ

フォローする

最新&人気ドライバー14本 どれが飛ぶの?(上)

(1/2ページ)
2019/5/13 6:30
共有
印刷
その他

 ちまたには多くのドライバーが氾濫、「飛ぶ! 飛ぶ!」とやかましい。では、熟年ゴルファーで90切りやシングルが目標という「書斎のゴルフ」読者にとっては、どんなドライバーが飛ぶのか、打ちやすいのか? 読者代表10人(ヘッドスピード36~39メートル毎秒のシニアが8人、若いハードヒッターが2人、年齢は4月15日時点)が集まり、打ってみた。(日本経済新聞出版社「書斎のゴルフ VOL.42」から)

試打した練習場はクリスタルゴルフガーデン東松山(http://kagohara-golf.jp/crystal.php)。この練習場にはゴルフパートナーが併設されており、全中古クラブを試打できる。

MIZUNO「Mizuno Pro MODEL-E DRIVER」


▼試打クラブスペック

・ヘッド素材=フェース/β系チタン合金(2041Ti)、ボディー/α-β系チタン合金(Ti811)

・ウエート=ステンレススチール(SUS304)、アルミニウム合金(AL6061)

・ヘッド製法=フェース/鍛造、ボディー/精密鋳造

・ロフト角=7.5~11.5度

・ヘッド体積=450cc

・クラブ長さ=45.5インチ

・シャフト(参考値)=TOUR AD GM-1 D

・クラブ重量=299グラム(S)

・価格=6万円(税別)

振りやすく、球がつかまり、飛距離が出る

「ミズノプロ」はアイアンの評判が高く、ドライバーなどウッドの登場が熱望され、今春、満を持して2モデルがデビューした。

この「モデルE」はヘッドが大きくシャロータイプ。構えただけで打ちやすそうだ。

「吹き上がらず強弾道が出る」と長島光希さん

「吹き上がらず強弾道が出る」と長島光希さん

打ってみた吉田武夫さん(74歳、HC5、ヘッドスピード39メートル毎秒)はすぐに「これはいい!」と声を上げた。すべて真っすぐで伸びのある弾道。「今回の中ではこれが一番。距離が出ているし、とても振りやすい」と言う。これはフェース素材が高初速のβ系の鍛造チタンで、そのフェースが肉厚を変える設計でたわみ、しかもソールのウエーブがヘッドのたわみを増大させ、初速を上げるからに他ならない。

山田隆三さん(71歳、HC6、ヘッドスピード39メートル毎秒)は「構えたときに安心感があり、インパクトの感触が非常にいい。球がつかまり、ハイドローが楽に打てる」。これはビッグサイズなのに重心距離が短く深い重心設計がもたらすのだろう。

シニアだけでなく、若い柳生田敬大さん(31歳、HC5、ヘッドスピード46メートル毎秒)や長島光希さん(23歳、HC3、ヘッドスピード50メートル毎秒)も評価が高い。柳生田さんは「直進性が高くスピン量が安定。タイミングも取りやすい」と言い、長島さんは「今シーズン注目の飛ばし屋、原英莉花プロが使っているだけに、ハードに打っても吹き上がらず、強弾道が出ます」と高評価。

MIZUNO「Mizuno Pro MODEL-S DRIVER」


▼試打クラブスペック

・ヘッド素材=フェース/β系チタン合金(2041Ti)、ボディー/α-β系チタン合金(Ti811)

・ウエート=ステンレススチール(SUS304)、アルミニウム合金(AL6061)

・ヘッド製法=フェース/鍛造、ボディー/精密鋳造

・ロフト角=7.5~11.5度

・ヘッド体積=435cc

・クラブ長さ=45.5インチ

・シャフト(参考値)=TOUR AD GM-1 D

・クラブ重量=299グラム(S)

・価格=6万円(税別)

小ぶりのヘッドでコントロールしやすい

「モデルS」はやや小ぶりでハイバック形状のため、ハードヒットしたくなる精悍(せいかん)なヘッドだ。

鈴木久雄さん(73歳、HC14、ヘッドスピード39メートル毎秒)は「構えたときには小ぶりなヘッドで難しそうな印象がありましたが、『クイックスイッチ』でライ角を調整したりして、慣れてきたらナイスショット連発。印象が変わってとてもいい感じになりました」と驚く。

すごく気に入ったのは谷高善久さん(73歳、HC7、ヘッドスピード39メートル毎秒)。「私には『モデルE』よりもつかまるし飛距離も出る。ヘッド形状もハンサム顔で振りやすい。打感も良くて、(10点満点で採点した6項目が)10点ばかりになりました」

ベテランに人気があるのは、扁平(へんぺい)的なデカヘッドでなく、パーシモンのような小ぶりな形状がなじむのかも。打感の良さもβ系の鍛造チタンによるものだろう。

若い柳生田さんはコントロールの良さを長所に挙げる。「今どきの大型ヘッドとは違い、小ぶりなヘッドでドローもフェードもどちらも打ちやすい。コントロールできるヘッドですね」と言う。もう1人の若者でヘッドスピードが50メートル毎秒もある長島さんは「このモデルSは弾道が吹き上がらずに直進性が高いです。手嶋多一プロなど男子プロが気に入るはずです」と感心しきりだった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

書斎のゴルフ 一覧

フォローする
ダウンスイングし、インパクトの瞬間に右手をクラブから離す。右手が地面を向いていれば、頭は残り、クラブだけが大きく振り出される

 体幹トレーニングとゴルフレッスンの融合を目指す「TAIKANZ GOLF」。計測器のデータとビデオの映像で自分のスイングを客観的に知ることができるゴルフスタジオだ。そこの若手実力派インストラクターで …続き (6/24)

 体幹トレーニングとゴルフレッスンの融合を目指す「TAIKANZ GOLF」。計測器のデータとビデオの映像で自分のスイングを客観的に知ることができるゴルフスタジオだ。そこの若手実力派インストラクターで …続き (6/22)

南田陽平プロはヘッドスピード向上のキーワードとして「クラブの性能を最大限に引き出す」ことと「床反力の活用」を挙げる

 体幹トレーニングとゴルフレッスンの融合を目指す「TAIKANZ GOLF」。計測器のデータとビデオの映像で自分のスイングを客観的に知ることができるゴルフスタジオだ。そこの若手実力派インストラクターで …続き (6/17)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。