書斎のゴルフ

フォローする

最新&人気ドライバー14本 どれが飛ぶの?(上)

(2/2ページ)
2019/5/13 6:30
共有
印刷
その他

DUNLOP「XXIO PRIME」


▼試打クラブスペック

・ヘッド素材=フェース/チタン(Super-TIX PLUS for XXIO)、ボディー/8-2チタン+SUSウエート

・ヘッド製法=フェース/鍛造、ボディー/真空精密鋳造

・ロフト角=10.5度

・ライ角=60度

・ヘッド体積=460cc

・クラブ長さ=46.5インチ

・シャフト=ゼクシオプライムSP-1000

・フレックス=SR

・クラブ重量=252グラム(SR)

・価格=11万5000円(税別)

ナイスドロー連発、しっかり振り切れ驚きの飛び

今春、新しい「ゼクシオプライム」が登場、ブラックをベースにゴールドをあしらったシックな趣が人気を呼んでいる。

「とにかく飛んでいる」と二木光郎さん

「とにかく飛んでいる」と二木光郎さん

真っ先にこのドライバーを気に入ったのが二木光郎さん(73歳、HC15、ヘッドスピード38メートル毎秒)。「打つ前は軽過ぎて頼りないかと思ったけど、まったく違う。ナイスハイドローが連発。タイミングがすごく合って、とにかく飛んでいる。構えやすいし、今回の中で一番良かった」と破顔一笑。

とても81歳には見えない山本英貴さんも素晴らしいハイドローが出た。「ずっと『ゼクシオ』を使ってきたけど、この『プライム』のほうが飛んでいる。ちょっと軽くて物足りないかなと思ったけど、ぴったりなんですね」と驚く。ヘッドスピードが36メートル毎秒の山本さん、252グラムと非常に軽くて短い重心のヘッドが46.5インチを楽に振らせてくれるのだ。「このドライバーなら18のハンディが縮まるかも」と笑う。

さらにハンディ7の実力者、谷高さんもその飛距離性能に驚いた。「今回の中で一番飛んでいるかも。ハイドローで伸びがある。軽いから飛ぶのかな。自分が思っているよりもアンダースペックめがアマチュアにはいいのかも」。あとはコースでも力まずに振れば、ドラコンも手に入りそう。

BRIDGESTONE「PHYZ DRIVER」


▼試打クラブスペック

・ヘッド素材=ボディー/Ti811チタン合金、フェース/6AL-4Vチタン合金

・ヘッド製法=ボディー/ロストワックス精密鋳造、フェース/プレス加工、CNCミーリング

・ロフト角=10.5度

・ライ角=59度

・体積=460cc

・シャフト=PHYZオリジナルPZ-409W

・長さ=45.75インチ

・クラブ重量=270グラム(R)、266グラム(RL)

・価格=7万2000円(税別)

軽量で大きな重心アングル、だから飛ぶ

新発売の「PHYZ5」は「PHYZ」史上最軽量ドライバーで、前作から10グラム以上軽量化した266グラムのライトスペックも登場した。あまりにも軽量なので試打してもらうか迷ったほどだ。

「安定して同じ方向と高さで飛ぶ」と山本英貴さん

「安定して同じ方向と高さで飛ぶ」と山本英貴さん

ところが最もローハンディの吉田さんは「ちょっと軽過ぎるかなと思ったが、なかなかの好印象。私は体の右サイドで打ちたいタイプですが、PHYZ5は切り返しでヘッドがスムーズに降りてくるのでタイミングが取りやすい。強めに振っても軽めに振っても同じように飛びます」と言う。

二木さんも同様に「振りやすいです。軽めが合いますね」と軽さがマイナスではなくプラスに働いているようだ。軽量化と同時にPHYZ史上最大の重心アングルを標榜していて、よりつかまりやすくなっているのも「打ちやすさ」につながっているのだろう。

山本さんも最初はシャフトが軟らか過ぎてタイミングが取れなかったが、次第にナイスショットを連発。「慣れると良いですね。何球打っても安定して同じ方向と高さで飛んでいきます。ヘッドの軽量化でシャフトの長さも気になりません」と気に入ったようだ。

(次回は5月15日に掲載予定。文:編集部、写真:大森大祐、協力:ゴルフパートナー・東松山クリスタルゴルフガーデン店)

書斎のゴルフ VOL.42 読めば読むほど上手くなる教養ゴルフ誌 (日経ムック)

出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,404円 (税込み)

クラブを正しく使えばもっと飛ぶ!! 日経プレミアシリーズ

著者 : 関 雅史
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 918円 (税込み)

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

書斎のゴルフをMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

書斎のゴルフ 一覧

フォローする

 1930年に28歳の若さで全米・全英オープン、全米・全英アマを制し、史上初めて年間グランドスラムを達成し、引退したボビー・ジョーンズ。球聖と呼ばれた彼は34年にマスターズ・トーナメントを創設した。筆 …続き (11/12)

 1930年に28歳の若さで全米・全英オープン、全米・全英アマを制し、史上初めて年間グランドスラムを達成し、引退したボビー・ジョーンズ。球聖と呼ばれた彼は34年にマスターズ・トーナメントを創設した。筆 …続き (11/9)

 1930年に28歳の若さで全米・全英オープン、全米・全英アマを制し、史上初めて年間グランドスラムを達成し、引退したボビー・ジョーンズ。球聖と呼ばれた彼は34年にマスターズ・トーナメントを創設した。筆 …続き (11/5)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]