/

この記事は会員限定です

新幹線と一瞬ですれ違い 貨物列車から見た青函トンネル

[有料会員限定]

津軽海峡の底をまっすぐ延びる青函トンネルを、機関車がモーター音をうならせ走る。闇の先に強い光が見え、近づいたと思うとあっという間に運転席の横をすれ違った。光の正体は北海道新幹線だ。

4月、北海道から本州に向かうJR貨物の貨物列車に乗り、新幹線とすれ違う瞬間をカメラでとらえた。

青函トンネルは全長約54キロメートルで1988年に開通。2016年からは新幹線と貨物列車が同じ線路を走る。新幹線はトンネル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り370文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン