/

この記事は会員限定です

皇位安定継承が課題に 女性天皇・宮家など論点

[有料会員限定]

天皇陛下の即位後に残る課題が皇位の安定継承だ。女性皇族の婚姻などで皇族数が減り、天皇陛下らの公務の負担が重くなっている。女性・女系天皇の容認や女性皇族が結婚後も皇室に残る「女性宮家」の創設の是非が論点だ。自民党内の伝統を重んじる議員らは男系男子の継承を主張しており、安倍晋三首相も慎重な姿勢をみせている。

2017年6月に成立した皇室典範の特例法は付帯決議で「安定的な皇位継承を確保するための諸課題、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1180文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン