2019年6月19日(水)

ドイツと皇室 外交に花を添えたクラシック音楽  欧州総局編集委員 赤川省吾

ドイツ政局
ニュースこう読む
ヨーロッパ
2019/5/5 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「平成」は日独関係にとって微妙な時代だった。ドイツにとって中国がアジア外交で重きをなすようになり、相対的に日本の地位は沈んだ。しかも健全財政を重んじるドイツは赤字を積み上げるアベノミクスに渋い顔。その一方で自由貿易の守り手として日本との絆に期待する。政治の距離が近づいたり、遠ざかったりするなかで日本の皇室とはどう付き合ってきたのか。外交舞台で通奏低音のように流れていたのはクラシック音楽である。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報