台湾、日本側に賠償請求 特急脱線事故で書簡送付

2019/5/1 10:48
保存
共有
印刷
その他

【台北=伊原健作】台湾で2018年10月、死者18人を出した特急列車脱線事故を巡り、特急を運行する台湾鉄路管理局(台鉄)が30日、車両製造元に瑕疵(かし)があったとして、主契約企業だった住友商事に賠償請求の書簡を送ったと発表した。書簡の内容は非公表で、金額などは書簡が日本側に届くのを待ち、協議するとしている。

車両納入の主契約企業は住友商事だったが、台鉄は製造元の日本車両製造(名古屋市)に賠償を…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]