首相「国民を挙げて慶び」 国民代表の辞

2019/5/1 11:21
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は1日午前、皇居での「即位後朝見の儀」での国民代表の辞で、天皇陛下の皇位継承について「国民を挙げて心からお慶(よろこ)び申し上げます」と述べた。「陛下を国及び国民統合の象徴と仰ぎ、激動する国際情勢の中で、平和で希望に満ちあふれ誇りある日本の輝かしい未来、人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ時代を創り上げていく決意だ」とも語った。

「即位後朝見の儀」で国民代表の辞を述べる安倍首相(1日午前、皇居・宮殿「松の間」)

「即位後朝見の儀」で国民代表の辞を述べる安倍首相(1日午前、皇居・宮殿「松の間」)

◇   ◇

「即位後朝見の儀」における安倍晋三首相の「国民代表の辞」は次の通り。

謹んで申し上げます。 天皇陛下におかれましては、本日、皇位を継承されました。国民を挙げて心からお慶び申し上げます。

ここに、英邁(えいまい)なる天皇陛下から、上皇陛下のこれまでの歩みに深く思いを致し、日本国憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としての責務を果たされるとともに、国民の幸せと国の一層の発展、世界の平和を切に希望するとのおことばを賜りました。

私たちは、天皇陛下を国及び国民統合の象徴と仰ぎ、激動する国際情勢の中で、平和で、希望に満ちあふれ、誇りある日本の輝かしい未来、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ時代を、創り上げていく決意であります。

ここに、令和のみ代の平安と、皇室の弥栄をお祈り申し上げます。

【関連記事】
「象徴としての責務果たす」天皇陛下のお言葉全文
新天皇陛下「国民に寄り添う」 即位の儀式終了
「令和」幕開け 新天皇陛下が即位
令和の皇室と公務 「旅する象徴」これからも
「令和」の始まり、海外でも関心高く 英国は同時中継

「国民に心から感謝」 天皇陛下の最後のお言葉全文
「深い敬愛と感謝の念、新たに」 首相が国民代表の辞
上皇ご夫妻、今後の活動で模索続く
退位の日、皇居緊張の1日
平成かみしめ新時代へ 平成最後の日ドキュメント
天皇陛下きょう退位 平成、30年余りで幕
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]