2019年6月18日(火)

企業研修、パラスポーツ活用広がる 多様性理解に一役

2019/5/20 17:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業などが従業員研修にパラリンピック競技を取り入れる動きがじわりと広がってきた。働く人材が多様化するなか、実体験を通じて理解を促したり、社内のコミュニケーションを円滑にするポイントを学ばせたりする狙いがある。専門家は「様々な場で多様性教育が広がれば、東京パラリンピックの貴重なレガシーになる」と指摘する。

「もうちょい右!」

4月下旬、東京都港区の全日本空輸の本社オフィスで、家族連れの社員ら約20…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報