2019年7月23日(火)

習主席「青年は党とともに歩め」 五・四運動100周年で
民主化運動の再燃を警戒、当局は厳戒態勢

経済
政治
中国・台湾
北米
2019/4/30 18:23
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=羽田野主】中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は30日、反帝国主義・反日運動が始まった「五・四運動」の100周年の大会を人民大会堂で開いた。習氏は「五・四運動の核心は愛国主義だ」と演説した。今年は民主化運動が最高潮に達した「天安門事件」から30周年の節目でもある。習指導部は民主化運動の再燃を警戒し、厳戒態勢を敷く構えだ。

習氏は「愛国主義の本質は国と党への愛を堅持することだ」と強調した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。