/

この記事は会員限定です

[社説]社会の多様性によりそう皇室に

令和のニッポン(1)

[有料会員限定]

万物に生気がみなぎる新緑の候に迎えた、新しい天皇陛下の即位と「令和」への改元である。連休のさなか、列島は代替わりの祝賀ムードに包まれている。

退位による皇位の継承は、江戸時代の文化年間、1817年以来だ。これを機に、時代にふさわしい象徴像や皇室のあり方についてともに考えたい。

平成流をみちしるべに

日本国憲法に、国そして国民統合の象徴と位置づけられている天皇。即位した陛下は、どのような姿をめざされて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1447文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン